消化酵素

banner 消化酵素とは、その名のとおり消化に使われる酵素のことを言います。消化酵素は分解される酵素によって3つに分けられ、炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素に分けられます。膵液、唾液などの消化液に含まれ、腸内微生物も消化酵素を作り出します。
 では、消化酵素を無駄使いしなくてよいようにするにはどうしたらよいのでしょうか?この答えは案外簡単で、食べ過ぎないことなんです。食べ過ぎると、消化のために消化酵素が必要になるので、どうしても酵素不足の体になってしまいます。食べ過ぎは、それ以外でも生活習慣病など、さまざまな病気の原因になっていますから、酵素以外の観点でも止めておいた方がよさそうです。お年寄りなどで、歳と取っても若く元気な人がいますが、そういう方はだいたい粗食であることが多いようです。少なめの食事を味わって食べる、メニューには生ものを取り入れるこのことが酵素の無駄使いをせずに済む方法です。
 消化酵素は、便秘の改善にも役立っているので、消化で無駄に酵素を使われないようにしておけば、おのずと消化酵素は脂肪や便の排出にエネルギーを使おうとするので、自然と快便になります。便秘薬を使用するより、こうやって酵素から体のことを考える方が便秘の改善には有効ですよ。

注目コンテンツ

酵素が人間の体にどんな効果を与えるか

記事をみる

消化酵素

記事をみる

代謝酵素

記事をみる

Copyright(c) 酵素で健康にキレイになれる。. All Rights Reserved.