酵素が人間の体にどんな効果を与えるか

banner 酵素が人間の生命維持に深く関わっていることは分かりました。では、もっと細かく考えて行きましょう。20世紀の後半、アメリカのエドワード・ハウエル医学博士によって、酵素は人間の体では作られるのですが、作られる量は決まっていることが分かりました。その量は、遺伝子上で決まっており、作られる量には個人差がかなりあることも分かりました。ですから、作られる量だけでは生命維持は厳しいです。そうなると、酵素を取り入れることが必要になって来ます。体内で作られる酵素を無駄使いすることなく、酵素を積極的に取り入れることが大事になって来ます。
 酵素とは、熱に弱く48度で破壊されはじめますので、食物として摂取するときは、生のものにしか酵素は入っていないと考えていいのです。生野菜、果物、刺身などは酵素を体内に取り入れるには素晴らしい食物です。是非、積極的に食事に取り入れましょう。それを考えると、生のもの=新鮮なものと思いますよね。やはり、新鮮で旬のものなどは、おいしさだけでなく、体にもよいことが分かります。私はお寿司が大好きで、よく食べますが、これからも進んで食べようと思います。おいしさだけでなく、体にもよいなんて素晴らしいですね。

注目コンテンツ

酵素が人間の体にどんな効果を与えるか

記事をみる

消化酵素

記事をみる

代謝酵素

記事をみる

Copyright(c) 酵素で健康にキレイになれる。. All Rights Reserved.